全ての女性必見!美容室で失敗しないオーダーの仕方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ヘアスタイルを変えると気持ちまでスッキリしますよね。

しかし、そんなすっきりした気持ちを得るはずが、美容室に行って「こんなはずじゃなかった」と落胆してしまう原因といえば、カットの失敗ということも多々あるのではないでしょうか?

泣く
そんな美容室で失敗をしない為のオーダーの仕方をご紹介

■1 “○センチカット”はNG
とにかく“◯センチカットしてください”なんてオーダーは絶対やめましょう。

よく初めてのサロンなんかで緊張してこんな風にオーダーされる方も多いのですよね。
このオーダーの仕方 “◯センチカットしてください”だと美容師とあなたのイメージしているものが違っていまうかもしれません。

まあ、この時点で「はい、分かりました」って切り始める美容師もビミョーですけどww

■2 王道“雑誌の切り抜き”は正解

雑誌の切り抜きを持っていったり、「モデルの◯◯さんみたいに」なんて言うと、美容師さんに顔が違うから無理って思われそうと気にする方が多いようですが、実はまったくそんなことはないんです。

むしろなりたいイメージが具体的に伝わるのでイメージの共有がしやすいんです。もちろん、まったく同じにはならないかもしれませんが、なりたいイメージのヘアスタイルを作る上で大変参考になります。

雑誌と自分が違いすぎると躊躇してしまう面もあるかと思いますが、失敗しないためにはそんなことを気にしていてはダメです。
なりたい自分になるために勇気を出して、切り抜き持参もアリですよ。

■3  “どうなりたいか”を明確に

オーダー時に最も大切なのは“どうなりたいか”です。
2 でお話ししたのと近いかもしれませんが、“可愛くなりたい”“大人っぽくなりたい”というイメージから、“思いっきり変わりたい”というように今のイメージを残したくないのか、恥ずかしがらずにどうなりたいかを最初に伝えることが、理想のヘアスタイルに近づく第一歩です。

失敗しないためには、いかに美容師さんとのコミュニケーションが大切ということが伺えますね。
後悔しないためにも、話すことが苦手な人も必ずイメージを言葉で伝えましょうね。

■4 プラス“生活習慣”を伝えて

抵抗がある方もいらっしゃるかもしれませんが、自分の生活環境を美容師に知らせておくのも大切です。

例えばデスクワークでパソコンをよく使うなど下を向く機会が多いなら、「前髪が邪魔にならないようにしたほうがいい」とか1年後に結婚式を控えているなら「そろそろ伸ばしていきたい」など、お客様の毎日の生活習慣や先々の予定を考えて、ヘアスタイルを提案することができるからです!!

普段、担当してもらっている美容師さんと、普段たくさん話すのに出来上がりのヘアスタイルがなんだか物足りないと感じている方は、もしかしたらこの“生活習慣”を伝えることでカットの物足りなさが解消されるかもしれませんよね。

いくつかご紹介した内容を頭の片隅にでも置いていただけると美容室での失敗もなくなるのではないでしょうか??

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*