髪の毛の重さで首の骨を折った民俗がある!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

知ってましたか?
髪の毛の重さで首の骨を折った民俗があるんですって!!

中国の雲南地方に住む「ハニ族」の女性の髪型は、とても変わった形をしてらしくて、
横長の板を頭の上につけ、それを芯にして髪を巻きつけていくというもの。
巻き上げられた髪型は、頭の左右に突き出て、大きな黒い繭をかぶっているように見えます。

彼女達の髪の長さは、身長とほぼ同じで、その重さに耐えられず、首の骨を折った人もいるそうです。。。

ハ二族

ハ二族2

確かに、それはそうなる気がきますね。。。
間違っても髪を濡らす訳にはいかないでしょう。

しかし世界の髪型もそれぞれですね。
「祖母の髪、母の髪を自分の髪に結び付けて結い上げる」という、ハニ族特有の民族習慣のせいなんですね。

日本では考えられないような習慣ですが...。

髪の雑学でした。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. Johnf310 より:

    Wow, fantastic blog layout! How long have you been blogging for? you made blogging look easy. The overall look of your web site is wonderful, let alone the content! daaceddfkccc

  2. 藤田健太郎 より:

    Thank you for comment. I write pleasant blog from now on.

コメントを残す

*