お客様によって髪のクセは全然違うよという話し

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今回は髪のクセが気になるお客様の改善話しです。

当然ですが、お客様によってクセの度合いも当然違ってきますよね。

季節問わず広がったり、うねったりする方も!!

最近続けて、大きなうねりが悩みのお客様がご来店になり、うねりを解消したいというオーダーをいただきました。

一人目のお客様は、さほど強いうねりではないんですが全体的に大きなうねりがあり、毛が比較的しっかりしていて丈夫な髪なので、全体的にうねってしまうと広がってしまいまとまりにくいとの事。



ご本人としてはお手入れがしやすく、ツヤも欲しいという事なので、パワーの弱いストレート剤と低温アイロンででうねりを抑える事に!!

がっつり縮毛矯正ではないので時間的にもかなり短縮でき、仕上がりもうねりを抑えハンドドライでまとまりのあるストレートヘアになりました。

中をめくっても自然な仕上がりになっています。
これで当分ご自宅でのお手入れ楽になると思います(^^♪


そして2人のお客様
こちらのお客様は左右でクセの出方がかなり違っていて左側のクセが強く出ています。

img_2314.jpeg

お客様によってはクセの出方は全然違っていて、全体的にクセが出る方はもちろん、お顔周りだけが強い方もいれば、後頭部のみクセが強い方もいらっしゃるし、こちらの方のように片方のクセが強い場合もあるんです。

ご自身としては左の耳のあたりから後ろにかけてのクセが気になってスタイリングする際、どうしても左が上手くいかないという事なので、今回は左右の薬剤を分けて右と左をある程度対象にしてお手入れがしやすいようにしていこうと思います。

薬剤の選定、薬剤放置の時間配分、アイロンの温度設定をそれぞれ変える事によって髪のストレスを最小限の抑えられ、仕上がりもキレイにまとまったストレートになりました。

今回はカラーで毛先のトーンダウンもしているので全体的に均一なツヤ感も出ましたよ!!
これで左右のバランスもとりやすくなりました(^o^)


髪のクセはお客様によって違いがあり、扱い方も変わってきます。
クセを活かす方法も当然ありますし、今回もようにクセを抑えてしまう方法も。

いつも自分が心がけているのは最終的にお客様がご自宅に帰ってから扱いやすいかどうか、それが全てだと思っているので、髪の状態をしっかりみて最善の方法をご案内しています。

十人十色の髪の悩みがあると思います。
一緒に是非解決していきましょう!!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*